忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/14 07:37 |
破廉恥に破天荒に無駄に漲るパワー達
一歩間違えば中二病、だがそれこそが純粋なる「自分もやりたい!」の証。


さあみんなで声を合わせて、今日もいってみよう!

本日のニコニコ:May-Be SOFT「学園☆新選組! ~乙女ゴコロと局中法度~」 OPデモムービー

 こ れ は ひ ど い 。





みんな絶対にぐぐって公式サイトを覗いちゃだめだぞ!絶対だぞ!
(一部コンテンツに18禁要素を含みます)


ちなみに自分は腹筋が崩壊したくちです。
そのあとに襲い来る独特のニヤニヤは、ネタSOULを満載した、溢れすぎてだだ漏れの遊び心のせい。
いや…やりたい放題ですね。あからさま以上にあからさまに設定ありきですよね。
三国志が流行すれば時を置かずして新撰組が出てくるなんて、展開的に王道すぎます。
しかし、ここで重要なのがキャラデザイン。
……間違ってなくて困りました。
なんだか…うん、近頃の萌え絵であることを置いておけてしまう(でも絵自体は割と独特な絵柄で嫌いじゃ
ないのですが)程に、許せるを通り越して「納得」してしまう新撰組隊士達女体化でした。
デザインに元ネタがあるだけで反則ではあるのですが、デザインでキャラを立てられるのは強いですね。
(ただ制服は羽織に合わないよね!というかいい加減この謎制服ムーヴメントはいつまで続くのさ!)

なんか必死ですが、三国志やら新撰組やらかじって(むしろ傾倒して)いるとこういうのは共感を以って
判断してしまいますね。やっぱりここはこうよねー、という。そういう意味では某夢想(無双に非ず)は
張飛の意外性萌え以外はあんまり受け入れ難かったというのはまた別の話。はわわ、敵が(r

しかし何が一番ニヤニヤものかって…
いろんな美味しいものを食べて、感性の扉を開きアンテナを伸ばし、インスピレーションを受け、
次にするのは「もし自分が何かを作るとなったら…」という妄想、ということはよくありますよね。
……ありますよね?
それを形にするかしないかでいろいろと人間変わってしまうものですが、
ここまで見事に中二妄想をぶつけてくれてくださいまして本当にいいものか、この作品。
(何でも最初の設定を考え出す部分が一番楽しいですよね、事実楽しんで作ってますよねこれ。
というあたりがビシビシ伝わってくる公式ページ、そこがにやにやどころ。楽しそうだわぁ。)
誰だこの企画通したのは!なんていう突っ込みを許してくれないのがこの業界。ほんに恐ろしい。
零細ながらメーカー・ブランドのあまたあるこの不思議な業界、売れる売れないが生死に直結する
世界なのにも関わらずなぜこんなにも彼らは冒険できるんでしょう。
そこに痺れる!あこがれるゥ!(?)
この、商業でありながら製作する魂は千差万別、限りなく同人に近い勢いをも有しうるという
ポテンシャルというか熱気に、今もなお惹かれていることに自分でヒきます。

常日頃こういうことがあるときだけ思うのですが、この表現形式のことを呼ぶときにどう呼んだら
いいのか考えても、結局「え○げ」(あるいは美少女ゲー)と呼ぶしかない現実に愕然とします。
もちろん18禁の表現や描写を全く、あるいはほとんど含まないものなんかもいっぱいあるのですが
そういう問題ではなく、「他に適切なくくりかたが見当たらない。」のです。
やりたいことも表現形式も流儀もノリも何もかもが違いすぎる。
いや、だから面白いっちゃあ面白いんですけれどね。たまに変なのが出てきてくれる意外性のるつぼ。
大人しく「サウンドノベル+紙芝居+ペープサート+中の人」と呼ぶのが無難そうです。

なんでもあり(バーリ・トゥード)だからこういうのが怖い!
いやまぁ、実際にプレイする気は…あんまりない!



(追記
 この作品そのものに対する自分のスタンスとしては
 あくまでも「 こ れ は ひ ど い 」であることは明白ですよね女子高。)
PR

2008/03/27 20:09 | Comments(2) | TrackBack(0) | その他雑記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

前にこれを始めてみたときは某行殺・新撰組を思い出したんだよ
かなり古いから今でも残ってんのかどうだか
後三国志のやつは諸葛亮が人見知りなろりっこだったり
袁紹が縦ロールだったりいろいろおかしかったのが記憶に残ってたりな

以下どうでもいいこと
行殺はライアーソフトでググルよろし
学校やめて働くことになりそうです
リンクの画像はどう見てもみょんです本当に(ry
最近メイプルにインできてない自分(具体的には1ヵ月半くらい?)
久々の米で何回も修正したのは内緒
posted by 不幸少年柊 at 2008/03/28 00:21 [ コメントを修正する ]
や…八雲剣豪のことかーっ!
若かりし頃嫁画像を辿ってなぜかここに行き着いた覚えがあります
両者を比較するといろいろ時代が見えてきますね…

ちなみにご想像の通りリンク先のみょん画像に釣られて知りました

お勤め激しくガンバです、こちらも早く…働ける…ように…頑張るですよ
めいぽは…うふふふふふ
posted by リィルフェン at 2008/03/28 10:13 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<我々の愛した京都は\(^o^)/オワタ!何故だ! | HOME | 格差社会に負けないで>>
忍者ブログ[PR]