忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/14 07:38 |
ぬふぅ
シグルイを一気に全巻読んでしまいました。
完全に気の迷いです。足腰背筋が痛い痛い。

寡黙ながら熱く、真っ直ぐでウブな藤木が主人公のくせに萌えキャラすぎるのにも関わらず
周囲がそれに勝るとも劣らない濃い人々だらけのシグルイ。

虎眼「い いくぅ」
牛股「せ…先生 お止めくださいませ いくさまではござりませ… アッー」

数馬「兄者 そろそろ嫁を貰って親父殿を安堵させてやってはいかがかな」
兵馬「己とおまえ二人の対外的なポーズのための嫁だ」
数馬「ワハハハ」
兵馬「ワハハ」

大変失礼いたしました。

本日のニコニコ:エキサイティング!シグルイ 第1話 二輪→乱闘





「これより先 本編未読の者 閲覧まかりならぬ」
「ネタバレなれば 反転にて…」

現時点でいちばん印象に残ったシーンはやっぱり
「虎子の間…まことに広うなり申した」
ここは泣けます。興津かわいいよ興津。
「うまい麦飯じゃのう」といい「二度とは 二度とは」といい、出番少なながら心に響く名脇役っぷり。
ちゅぱ衛門もインパクト強いけれど、やはりウッシー師範と興津を抜きに虎眼流は語れますまい。

ちなみに展開としては作中一点のみ納得いかない箇所がありまして、それは三重の心情変化。
おじいちゃんのうどん玉スラッシュ以後の変わりようがどうにも…
これはただ単に自分の読解力不足なのか…また今度機会があれば読み直したいところです。
いやどう考えても読解力不足なのですが。

<今日のニコニコ かいせつ>

「えきぷろ?」
「海を隔てた南蛮国の…」
(意訳:「最早説明など不要」)
PR

2007/07/26 22:47 | Comments(0) | TrackBack(0) | その他雑記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<明朝体って胸キュン? | HOME | one poem - 100 poets>>
忍者ブログ[PR]