忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/14 07:27 |
ばっきばきにしてやんよ
「悪霊退散?」
「うむ、悪霊退散を頼まれた」
「一体どうしたというのだ、博雅よ」
「怨霊物の怪に困っておられるらしいのだ」
「ならば、ドーマンセーマンが良いな」
「ドーマンセーマンとは何なのだ?」
「それはな、呪よ」
「それも呪なのか」
「おうよ」
「それで、すぐに陰陽師を呼べということになったのだ」
「ならば今すぐにでも参るとしよう」
「頼んだぞ、晴明」
「レッツゴー」
「レッツゴー」
そういうことになった。
あたりに金木犀の香りが立ち込めていた。

といった調子で秋も深まってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

本日のニコニコ:カラフルキック




さて今回しょっぱなから獏ネタだったわけですが、このあいだ餓狼伝…じゃなくグラップラー刃牙を
読む機会がありました。バクじゃなくてバキなわけです。
実は店頭で見かけるコミックス表紙のせいで「キモい男達がひたすら戦うマンガ」というイメージを
ずっと持ってて敬遠していたんですが、実は「アツい漢達がひたすら闘うマンガ」だったようです。
このことに気付けたのはとてもラッキーでした。出会いって素敵。

まだ「バキ」までは読んでないですが(つまり最強トーナメントまで)、バキが本当にいろんなネタの
元ネタになっていることに気付いてびっくりします。
格闘っぽい同人誌やアンソロにはかなりの確立でバキネタが含まれているそうな。
トーナメントの全員入場アナウンスなんかは、つい1、2年前の第二回葉鍵最萌を思い出してしまって
ものすごくすさまじく懐かしくなったりしました。
来る日も来る日も縦読みを仕込み続けた日々。あの頃から人生やり直したいです。
あとバキといえば、ジョジョを凌駕する量の「ッ」。
ジョジョ・バキ・カイジと、「ッ」を多用する作品というのはネタにしやすいのかもしれませんね。
カイジは「っ」ですが。(むしろ「…」と「!」。)

独歩ちゃんが熱いです。対渋川先生戦はおじさまとおじいさまのたまらないぶつかりあいでした。
多分、作中で今のところ一番好きな立会いだと思います。
しかし回を追うごとにバキくんのえろーす分が増してきてるのが怖いです。
汗臭いのはイヤンですが、スポーツで飛び散る汗は素敵。


<きょうのにこにこ かいせつ>
アニメ版は初めて見ました。久々に良いナンセンス。突き突き突きッ 突ーき突き突きッ
ちなみに最初の部分だけシスプリリピュアという涙展開です。夏っちゃんも今や翠の子の中の人。
しかしやっぱりさくらんぼキッスはKOTOKO最強電波ソングですね。
これを一度耳にしたらもう、大塚愛とか聴いてられない。
PR

2007/10/16 03:41 | Comments(0) | TrackBack(0) | その他雑記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<むっきむきにしてやんよ | HOME | ぬっこぬこにしてやんよ>>
忍者ブログ[PR]